HERE COMES THE SUN

太平洋の南の島マーシャル諸島からの日記です

急いで腰みのを作る

ヤシの葉

南国のダンスでよく見かける腰みの。日本だとビニールテープを細かく裂いて作ったりするけれど、マーシャルではビニールテープより、ヤシの葉のほうがどこでも簡単に手に入るので、本格的な腰みのをすぐ作れる。
10月にマニットデイ(文化の日)の学校行事の手伝いで、ハルカのクラスを午前中に訪れた。もう一人来る予定だったお母さんは都合がつかなくなり、ボランティアは私だけ。先生に聞いても手伝うことはそれほどなくて、もうお昼だし帰ろうかなと思った矢先、教室にヤシの葉が何枚も運び込まれてきた。この日、午後からクラスごとに練習してきたマーシャルのダンスを全校生徒の前で発表するという。あと1時間後にステージが始まるのに、今から男子用の衣装で腰みのを10個、葉っぱから作ると言う。先生は各家庭で作って持ってくるように言ったのに、うまく伝わらず、3人しか持って来なかったらしい。
生徒たちはランチに行ってしまい、先生が一人で作り始めたので、私も手伝うことにした。先生はフィジー出身の女の先生で、私は腰みのを作ったことがない日本人。私がお役に立てるのだろうか?と思ったけれど、先生の作り方を見てナイフで椰子の葉を切ったり裂いたりして形を整え、腰みのを急いで作った。10個も作ったので作り方をだいぶマスターした。ハルカはヤシの葉を編んでお皿を作れるので、私が腰みので服を作って、あとは登り棒が得意なコウに木登りを教えてココナッツを取れるようにして、介に魚を獲るスキルをマスターしてもらえば、家族で無人島に漂流することになっても安心だ!

文化の日

↓左端は家から持ってきた子。あとは急いで作った腰みの。時間をかけて葉を細かく裂いたり、ボリュームアップさせると、なおよい。

警察署

警察署

外国人としてマーシャルで暮していると1年に1回、ビザ(滞在許可証)の更新をしなくてはならない。これが年々、厳しくなって提出書類が増えていて、新規申請も更新も同じ分量の書類を提出しなければいけないという煩わしさ。今年からは子どもたちの健康診断書に加えて、無犯罪証明証も警察で取得するように、とのこと。5歳の子供に犯罪歴なんてないだろうに必要なの?と思うのだが、再度確認しても移民局職員が必要だと言うので、書類を申請して取りにいくより他にない。
というわけで、子供たちを連れてマーシャルの警察署へ行った。おじさんが警察で働いているという会社のマーシャル人女性に、一緒に付いてきてもらう。マーシャルでは関係者の知り合いに同行してもらうだけで、手続きが本当にスムーズに進むので、無駄足をしなくて済む。
私は免許更新などで警察署に何回か来たことがあるが、子供たちは初めて。マーシャルの警察署内には、留置所があり、これが刑務所も兼ねている。つまり、留置所と刑務所がひとつの牢屋になっている。ちなみに、女性の留置所及び刑務所はないので、女性は刑務所に入ることはなく、裁判で懲役になっても"House Jail"という家から外出禁止の刑(ただし生活のための買い物と教会はOK)になるだけ。男性の囚人の中にも、夜だけ家に帰っていい人もいるらしい。なんだか刑もゆるい感じのマーシャル。
警察署に入って受付の真横に細い廊下があり、その突き当たりが牢屋。風通しのためか牢屋に続くドアはいつも開け放たれている。ときどき鉄格子まで開いてしまっていることもあるらしい。薄暗い牢屋や鉄格子越しの囚人が見えているし、たいてい囚人もこちらの様子を見ている。見えるだけでなく、1週間お風呂に入っていない人間の臭いも漂ってくる。絶対入りたくない...と思わせる場所だ。
受付で待たされている間に子供たちに、あれが牢屋だよ、警察に捕まった人が入る場所だよ、と教えた。コウは特にびっくりした様子で神妙な顔で牢屋のほうを見ていた。しばらくして、「ママ、牢屋に〇〇さんがいる」と教えてくれた。いやいや、日本人のお友達〇〇さんは捕まっていないと思うよ(笑)。それ以来、コウは自分や家族が警察に捕まらないように心配して、気にするようになった。車でスピードを出しすぎるとスピード違反で捕まることがある、と知ってからは、車のスピードメーターを見て運転中のパパに、ちょっとスピード出しすぎじゃない?と言うようになった。「警察に捕まるようなことは絶対しない」ということを感じてもらっただけでも、教育効果はあったように思う。

新学年

気がつけば、久しぶりの更新となりました。今年も夏休みは日本で過ごし、8月から子供たちは学校で新学期を迎え、ハルカは6年生に、コウはキンダーガーデン(幼稚園年長)になった。学校では、6年生からはミドルスクール(中学)となり、ハルカもついに中学生に。エレメンタリースクール(小学校)と一番の違いは、自分の教室で一日中授業を受けるのではなく、毎時間教科ごとに、自分の持ち物を全部持って、先生の教室に移動して授業を受けること。授業と授業の間も休み時間がなく詰まっているし、重いリュックを持って移動するから、忙しくて大変らしい。選択科目の授業では高校生と一緒に受ける授業もあり、先輩のいいところや悪いところも見ている様子。
コウはキンダーガーデンになり、担任の先生が新しい先生になった。しかし8月の新学期を前に予定していた先生が辞職してしまい、担任の先生が不在に。どうするんだろう、と心配だったがピンチヒッターで、事務員としてフィリピンから来た男の先生が担任をすることになった。保育園で経験があるとのことだったが、いきなり5,6歳児が28人いる教室を任されて先生も大変そうだったけれど、いい先生で、次の先生が来るまでの約2ヵ月間を代理担任で子供たちを教えてくれたのでよかった。
学校で毎年のようにあるのが、先生が途中で急に辞めて国へ帰ってしまうという事態。健康上の理由だったり、家庭の事情だったり、職場が嫌で我慢できなくなったり、と理由は様々だけど、一番被害を受けるのは生徒たち。本来受ける予定だった授業が受けられなくなり、勉強内容が著しく低下することになる。マーシャル在住の先生をすぐ雇えればいいけれど、それはほぼないので、外国から来てくれる新しい先生を探し、先生が見つかったら先生の労働ビザを申請し、2ヶ月くらい待って、やっと赴任できる。代わりの先生を見つけられたらいいほうで、代わりの先生を雇うこともなくそのまま学年終わるまで先生不在、校長先生やアシスタントの先生が授業して対応するということもある。コウのクラスには10月に、ようやく正式な担任の先生が来て交代した。今年の担任はフィリピン人の女の先生。コウのクラスは国際色豊かで、一番多いのはマーシャル人の子、他にフィジー、ジャマイカアメリカ、フィリピン、台湾の子がいる。毎日楽しく学んでくれたらと思う。

↓給食の風景

ワールド・ツナデー

ポスター部門

5月2日はワールド・ツナデーというイベントがあった。直訳すると「世界まぐろの日」。太平洋の資源であるまぐろについて考えたり、まぐろを盛り上げていこう!という主旨だった思う。なんだか地味で、知名度も低くて参加者が少なそうなこのイベントに、一早く目を付けたのはハルカの担任の先生。まぐろの歌を作詞作曲して録音して応募する歌部門に、ハルカのクラスが応募することになった。地味なイベントなのに、なんと優勝賞金3000ドル(約32万円)!今月末に予定しているクラスの卒業式の資金を勝ち取ってくるわよ!と先生は本気で優勝を狙ってきた。先生の友達の作曲家に頼んで、さっそくステキなまぐろの歌を作ってもらった。あとはハルカたちが覚えて歌うだけ。10日程練習して応募した。結果は2位。惜しくも優勝を逃したけれど、2位にも賞金300ドル(32000円)がもらえた。
デラップパークで入賞者の表彰式があり、2位になったハルカたちがステージで歌を披露するというので、見に行った。なかなかまとまりのある、いい歌だった。ちなみに優勝したのは、マジュロの大人のバンド。半分プロみたいな男性4人組によるラップ調の歌が優勝だった。この人たちと同じ土俵で競っていたのか...。他には入賞したのか知らないけれど、リタ小学校からも応募して、歌を披露したクラスがあった。子供たち10人をステージ上に整列させて、その周りをマイクを持った男の先生が歩いて回りながら1人で大声で歌う、というパフォーマンス。子供たちがほとんど歌わないし、先生が1人で3曲も歌うので長い。観客席に漂う「え!?(笑)」という空気が面白かったけれど。
後日ハルカが興奮気味に教えてくれたのは、ハルカたちが2位になったのはマーシャルで2位でなく、ワールド・ツナデーの全参加国(ミクロネシアキリバス、マーシャル、ナウルパプアニューギニア、ソロモン、ツバル、トケラウ諸島)の中で2位だとのこと。この参加国すべての位置がすぐわかる人は、かなりの太平洋諸国通です(笑)。

↓先生の歌

マーシャルで仮想通貨導入!?

先月のマーシャルの国会で、マーシャル政府公認の通貨として仮想通貨ソブリン(SOV)を導入することが決まった。マーシャルの通貨はUSドル。これと並行して仮想通貨SOVも通貨として流通させるらしい。IT技術やテクノロジーが進んでいるとは言えない国で、なぜこんな話が出たのか。

話はイスラエルにあるベンチャー企業Neemaに始まる。マーシャルはイスラエルと国交を結んでいるので、イスラエルから援助を受けたこともある友好国。そのイスラエルベンチャー企業から、マーシャルで国の通貨として仮想通貨を運営する話がきたらしい。まず、マーシャルという国はお金がない。これといった産業も資源もなく、ほぼ輸入品に頼っている生活で、貿易収支は長年大幅赤字。各国からの援助によって国家予算が成り立っている。特にアメリカからの援助は、自由連合盟約に基づき多額で、政府歳入の約6割を占めている。ところが現在の協定の期限である2023年には、アメリカは援助を半分に減らすと言っている。他国からの援助に頼るだけでなく、自分たちでお金を作っていかないといけない時代が早急に迫っている、と考えた若手国会議員たちが中心となって、仮想通貨の話が進んだようだ。国会でも酋長系の古株おじいさん議員たちには、わけのわからない話だった様子。

つまるところ仮想通貨導入の話は、魅力的な儲け話、資金調達になるということ。SOVを発行したら、イスラエルベンチャー企業とマーシャルで600万ドルずつ半々にその通貨を保有したとする。それを世界に向けて売り出せば、600万ドル(約6.5億円)が60億ドル(約6530億円)に化ける試算なのだ。国で仮想通貨をどう使う予定かというと、全体の20%は全国民に一定額を配布、20%を水爆実験の被害者のための医療費にし、10%を気候変動による環境問題のために使い、残り50%は国の信託基金に預けて管理するという計画。将来的にはドルと同様にマーシャルの公式通貨として、税金や買い物にも使えるようにしたいとのこと。また、マネーローダリング等で悪用されないために「Yakweフレームワーク」と呼ばれるシステムで、匿名性の問題を解決し、本人確認がないと使うことができない暗号通貨にするらしい。

でも大丈夫なの?本当にマーシャルでやれるの?と不安に思う人は実際に多い。例えば、仮想通貨を作り出すには、たくさんのコンピューターを動かす必要があり、その冷却装置も必要で、かなりの電力を必要とする。それこそ、あの有名なビットコインを運営するために使われている電力の1年分は、マーシャルが国全体で1年間に消費する電力量よりはるかに多いはず。気候変動問題のための予算を作るために環境に悪いことをする、という矛盾。定期的に計画停電があったり、突然の停電もよくあるような電力不安定な国でそれができるのか?インターネット回線の普及もスピードも安定性も、先進国に比べたら遅れているので、我が家のインターネット回線も平均して1か月に1回は切断されて2,3日使えないなんてことは普通。国際通貨基金からは「国として仮想通貨を導入するメリットだけでなくデメリットもしっかりと認識してください」と通達を受け取った。

仮想通貨はリスクのあるものだし、デジタル環境どころか安定した電力すら整っていないことに目をつぶって、儲け話だからって国として導入してしまうのはどうなのだろう。他にも国としてやるべきことは山積みなのに。ある意味、最初からお金がないとても小さな国で、自国の通貨を持たないからこそ、取るリスクも少なくて、わりと簡単に導入できるという話。この先どうなるのか。本当に導入されるのか、成り行きを見守っていこうと思う。

↓地元紙でもその後の動きは大きく報じられている。

日本の教科の勉強

日本の勉強

ハルカが日本の学年で5年生になった。今年も日本大使館から日本の教科書をありがたく頂戴してきた。これから5年生の勉強が始まる。日本の国語・算数は1年生の頃から、土日に家庭学習のみで進めている。マーシャルには塾も日本人学校もないので、日本語は親が勉強を見るしかない。その危機感が、逆にいいプレッシャーとなって続けてこられているように思う。1週間の春休みに追い上げて、なんとか4年生の教科書を終わらせた。内容をさらっと最低限なぞっているレベルだけど、少しずつでも勉強を継続して、教科書を終わらせる事が大事だと思う。ハルカの家庭学習は、海外子女教育財団の通信教育ニューレインボーをメインに、補助教材として進研ゼミをやっている。毎年更新の時期に、2つ取る必要があるのか?1つにしようかなと検討するのだが、まじめで固い財団の通信教育と、カジュアルで先を行く進研ゼミとで両方にいいところがあり、どちらも捨てがたく2つ受講を続けている。

最近、進研ゼミでこれはいい!と思ったサービスが「まなびライブラリー」というネット上の電子図書館。ハルカは本が大好きで暇さえあれば何か本を読んでいる。マーシャルにいると学校の小さい図書室しか利用できないので、洋書は学校で借りられるけれど、日本の本は自分で日本から持ってくるか送ってもらうしかない。そして、本をすぐ読み終わってしまうので、読みたいのに読む本がない状態になる。「まなびライブラリー」には最近小学生に人気のある児童書が揃っていて、進研ゼミ会員は無料で読み放題。1回に5冊まで好きな本を借りて、電子書籍なので端末で読む。定期的に新しい本が入荷する学級文庫、という感じ。それでも日本の新しい本が好きに選べて読めるので、ハルカは夢中になって私のタブレット端末で読んでいる。海外に住んでいる日本の子供にこそ、とてもいいサービスだと思う。赤ペン先生の提出も、スマホで撮影してウェブ提出・ウェブ返却ができたり、テキストも従来の紙テキストか、タブレットに毎月配信されるウェブ形式かを選べる時代。マーシャルはネット環境が不安定なので我が家は紙のテキスト派だけど、昔に比べてすごい変化だと思う。2つの通信教育を4年間受講してみての感想を以下に紹介します。


◆海外子女教育振興財団の通信教育・ニューレインボー◆<メリット>
・海外に住んで現地校に通う子どもを対象にした通信教育だから、教科書を見ながら勉強するのに使いやすい。
・テキストの量が少なくポイントだけ押さえているので、とりあえずこれだけやれば、安心できる。
・学校購入するような漢字ドリルもついてくる。
・海外までの送料込みで、中3まで一律料金で良心的な値段。
・作文を書かせる表現課題も3か月に1回ある。<デメリット>
・教材が全体的に古くさくて固い。特に国語はイマイチ。教科書の朗読CDがついてくるが、今時CDなんて使いづらくて我が家には不要。
・添削問題の紙質がやけに丈夫で大きすぎるので、エアメールで出すときに送料が高くなって残念。進研ゼミのような薄いペラペラな紙にしてくれたらいいのに。
・国語・算数のみで、理科・社会は別料金。でも必要な人だけ理科・社会を別受講できるのは、メリットとも言える。


◆進研ゼミ小学講座◆<メリット>
・テキストの他に付録や雑誌もついてくるので、楽しく勉強することを目指している。
・国語には、毎月作文表現を楽しく勉強させるページがあるのがいい。
・国語・算数・理科・社会の4教科が1冊にまとまっている。理科・社会はテキストにカラー写真が豊富でわかりやすい。
・ネット上の「まなびライブラリー」で児童書が読み放題。
・年に3回ある「実力診断テスト」で学年相応の学力がついているのか確認できる。
・日本の様子がテキストや雑誌からいろいろ知ることができる。<デメリット>
・海外受講料が高い(国内受講料の倍以上になってしまう。ウチは国内受講にして会社経由でマーシャルまで送ってもらっている)
・学年が上がるにつれて、受講料がじわじわと上がっていくシステム。
・現地校に通って土日だけ日本の勉強をする環境だと、テキストの分量が多くてすべてを終わらせるのが難しい。毎月すべて終わらせるなら、スパルタに頑張るか平日にもやるようにしないと無理。
・楽しく勉強させる仕組みに、年齢が上がるにつれて我が子がイマイチ乗らなくなってきた。

鉄棒

みんなで作ったピザ

土曜日、ハルカのクラスの女の子が4人遊びにきた。いつも仲良しの2人はよく来るのだが、今回は初めて遊びに来る子も2人。クラスでは最近、ハルカの家に遊びに行きたいと言っている子が多いらしい。その理由は、家に鉄棒があるから!数年前、日本から室内用の折り畳み鉄棒を買って持ってきた。ハルカが運動がてら練習するのにいいかなと思って買ったのに、実はあまり使っていなくて、すっかり洋服掛けとして定着していた。鉄棒は、日本では学校にも公園にもよくあって、珍しくもなんともないものだが、マーシャルの学校の校庭には鉄棒なんてないし、体育の授業でもやらない。公園にもない。ハルカが言うには「マーシャルで鉄棒がある家は、ウチだけなんじゃない?」とのこと。クラスには自宅の庭に巨大なトランポリンを持っている子もいるのに、いまや鉄棒のほうが珍しさで人気。鉄棒は英語で「gymnastic bar(ジムナスティック・バー)」という。ハルカの友達はそれを省略して「bar(バー)」と言うようになっていて、鉄棒のある部屋に行こうよ、という意味で「バーに行こう!」とよく言っている。知らない人が聞いたら一瞬、「え!?」と思うだろう。

友だちが来た日、お昼は私がピザ生地を作り、それをみんなで伸ばしてトッピングして焼いて食べた。ピザはマーシャルで大人も子どもも大好きなメニューなので、好き嫌いのある子でも大丈夫。自分でトッピングをして作ったピザなら、必ずおいしく食べられる。野菜嫌いな子も多いので、具沢山ピザだと食べない子もいる。そういう子が作るのは、サラミとチーズだけのペパロニピザ。米が主食のマーシャルでは、白いご飯もみんな大好き。ピザだけだと足りなくなるので、スパムむすびか塩昆布おにぎりを一緒に出すと、あっという間になくなる。マーシャルで一番子ども受けするメニューは、ピザ、白米、チキン、オレンジだろう。

子どもたちは11時から5時まで遊んだ。我が家は街の外れにあるので、学校の友達はどの子も親に車で送迎してもらわないと遊びに来られない。最近は来るときだけ親に送ってもらい、帰りは全員まとめて私が家まで送っていくことにしている。これが経験上一番自分の負担が少なくてすむ。以前は帰りのお迎えも親御さんたちにお願いしていたのだが、時間通りにくることはまずないし、いつ来るのかもよくわからない。予定より2時間遅れて来ることもある。そうなると我が家は夕飯やシャワーの時間になりちょっと困るし、遊びに来た子は「ねえ、今日は泊まっていい?」と必ず言い出すので、自分でサッと送っていたほうがラク、という結論に達した。鉄棒人気が続いているみたいなので、今後またお友達が遊びに来る回数は増えそうである...。